« 石原さとみ 「密やかな結晶」 (2012/2/12) | トップページ | ビーバー 『ロザリオのソナタ』全曲 第一夜 (2018/4/9) »

ビゼー 歌劇「真珠とり」 @東京芸術劇場 (2018/2/24)

「真珠とり」と言えば、コンチネンタルタンゴの名曲だとばかり思っていたら、ある時、ビゼーに同名のオペラがあることを知った。
偶然の一致があるような単語ではないよな、と思ってはいたのだが、本日はそのことを確認することが出来た。

このコンサートホールは、改装後は、悪く言えば響きが風呂屋風になってしまい、管弦楽を味わうには不向きになったが、オペラには、この音響はぴったりである。
オーケストラは、第一バイオリンは8名、というような小編成であるが、音響の助けで不足を感じさせない。
そして、どうせ寄せ集めだろう、と思っていた管弦楽が上手い。
歌手への寄り添い方も知っていて、経験値も高そうだ。

合唱も、音大だし、と期待しないでいたら、迫力も実力も充分で、ちょっと舌を巻いた。

これまでのこのオペラシリーズは、コンサートホールでの上演でありながら、簡素ながらも舞台セットもあり、視覚的にも楽しめるあつらえになっていたが、今回は、舞台の上にオーケストラがセットされていて、その前に歌手用の譜面台が4つ、オーケストラの後ろには合唱団の席、という具合に、言わば正統派の演奏会形式という趣きで、初めて聴くオペラで、猟師役の歌手がタキシードなんかで出てきたら、物語を感じることなんか出来るのだろうか、と不安に思っていたら、果たしてタキシードで登場。

だが、聴き終わってから考えると、場所はセイロン島かインド、登場人物は漁師村の人たち、これをこの空間で、簡素な衣装と簡素は舞台セットで表現できるか、と考えると難しそうだし、唯一の女声が、白いドレスとヴェール姿で登場するだけで、充分な視覚効果が出るようなプロットだったので、これはこれで考え抜かれた上でのセッティングであることが分かった。

第一幕を聴いていて、あまりビゼーを感じないな、と思っていると、休憩時間に同行者がプログラムを読みながら、この作品はオーケストラパートの楽譜が失われて、後日誰かが復刻したらしい、と言っている。
それならビゼーらしくないのも当然だが、この管弦楽、とても良く書けている。
無名作曲家が書いたものとは思えない。

その一方で、おそらく作曲家の楽譜が残っていたらしい合唱パートからは、宗教音楽のような響きが聴こえてくる。
カルメンの合唱からは決して聴こえてこない天上とつながった響きがある。

東洋人の目から見ると、女性が歌で海の怒りを静めるというモチーフは、むしろ西洋のイメージに思える。
また、リーダーに選ばれた男が、かつての親友を救うために、親友は村の掟を犯しているにも関わらず、権限を行使して一度は死刑赦免を申し渡しながら、親友の恋人が、自分も今も恋慕の情を残している女と判った途端に、死刑宣告をしてしまう、という個人感情でブレまくる指導者らしからぬ人物設定は、劇の構成として弱い。

手練手管で権力を得た指導者であれば、権力濫発も違和感がないが、人望で選ばれたとした演出が冒頭にありながら、かつてのあこがれの女性が現れただけで、個人感情に支配されてしまう、という脚本の音楽をつけたくなってしまったビゼー。
そんな作曲家だったからこそ、当時の常識では、歌劇としては無謀なプロットのカルメンに作曲できたのかも知れない。

東京芸術劇場コンサートオペラvol.5
ビゼー/歌劇『真珠とり』全3幕 演奏会形式 日本語字幕付フランス語上演、照明付
2018年02月24日 (土)14時 東京芸術劇場
佐藤正浩 指揮 ザ・オペラ・バンド
レイラ(尼僧)    鷲尾麻衣
ナディール(漁夫)  ジョン・健・ヌッツォ
ズルガ(ナディールの旧友、真珠とりの頭領) 甲斐栄次郎
ヌーラバット(バラモン教の高僧)  妻屋秀和
国立音楽大学合唱団

« 石原さとみ 「密やかな結晶」 (2012/2/12) | トップページ | ビーバー 『ロザリオのソナタ』全曲 第一夜 (2018/4/9) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 石原さとみ 「密やかな結晶」 (2012/2/12) | トップページ | ビーバー 『ロザリオのソナタ』全曲 第一夜 (2018/4/9) »