« 2017年6月 | トップページ | 2017年8月 »

2017年7月

木嶋真優 with シティフィル (2017/7/22)

こんな日にクラシックのコンサートに足を運ぶとは我ながら物好きな、と思いたくなるような猛暑である。

1曲目は弦楽合奏。
久々に聴くこのオーケストラの弦の響きが、以前より艶やかに、音楽的になったように感じる。

2曲目はバイオリン協奏曲。
協奏曲と言っても、第一楽章は、ゆったりとした独奏が、延々と続く。

堂々とした響きである。
以前聴いた時とは音が違う。
楽器か弓を換えたのだろうか。

第二楽章は一転して賑やかな音楽。

驚くほど達者な演奏である。
音だけでなく、演奏スタイルも大きく変わってきている。
ロシア文化の一面にあるハチャメチャさ、無茶苦茶さを苦もなく表現している。
これは楽譜と向き合っただけで会得できるものとは思えない。
きっとロシアの音楽家との深い交流の中で身につけたものであろう。

そして第三楽章には、信じられないほどに長いカデンツァ。

なるほど、暗譜できるというだけでも驚異な、これほど難解な曲を、この水準で演奏できたら、コンクールで優勝できるわけである。

ただ、聴いているうちに、確かに堂々たる響きではあるけれども、この音色は、この奏者の肉声ではないな、と感じてくる。
楽器が、奏者の個性を受け容れず、楽器自身の地の音を主張している感じがする。

こんな反応をする楽器は、知る限りでは、ストラディヴァリウスだけであるが、パンフレットを読んでいた同行者が、帰りの電車の中で、あの楽器は、ある個人所有者から借りているものらしい、と語っていたので、やはりそうか、と合点が行った。

ところが、第三楽章のある時点で、奏者の肉声が聴こえ始める。
すると、演奏に対する共感が、自分の中に生じるのを感じる。
音楽とは、そういうものなのだろう。

観ていて驚くのは、相当に激しい演奏が続いているように見えるのに、弓の毛が、一本も切れないこと。
一見激しく見えても、絶妙なバランスで弾く技術を備えているのだろう。
と感心していたら、第三楽章の終盤で弓の毛が切れた。

それはそうだろう。
どれほど才能があっても、どれほど研鑽を積んでいても、生身の身体であるから、これほどの身体運動を続けていて、消耗しないことは考えられない。

しかし、そのこと以外では、奏者が消耗していることは、音からは全く感じられない。

食事に工夫があるのだろうか、それとも、自分にぴったりなトレーナーを見つけて、身体調整とトレーニング指導を受けているのだろうか、
そんなことまで思い及んでしなう、驚きの演奏だった。

休憩を挟んでの演奏会の後半は、交響曲。
この作曲家は、クラシック音楽に馴染みがなくても、素直に親しめる音楽があるかと思えば、それなりにクラシック音楽を聴いて来ていても、つかみどころのない音楽があったり、と日本人の感性を基準にする限り、全貌が見えないことろがあるのだが、この交響曲は、どちらかと言うと後者であり、ブルックナーやマーラーであれば、長大な構成にならざるを得ないことは、聴いていて、何となく判るが、この交響曲がどうしてこれほど巨大にならざるを得ないのか、の必然性は、聴いていて感じ取れない。
ところが、終盤に近くなって、ふっと耳馴染みのよい旋律が聴こえてくる。
すると、ふっと音楽に惹き寄せられる。
やはり、この作曲家にも、ブリテンと共通するような、英国独特の、難解さを持っているのかな、と思った。

第308回定期演奏会
2017年7月22日(土)14時 オペラシティ
藤岡幸夫 指揮 東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団 
パーセル(ブリテン編) シャコンヌ ト短調(弦楽合奏のための)
ショスタコーヴィチ    ヴァイオリン協奏曲第1番 イ短調 作品77(独奏 木嶋 真優)
エルガー          交響曲第1番 変イ長調 作品55

橋森ゆう希、鍵富弦太郎、河野紘子 (2017/7/10)

白寿ホール、ではなく、同じ建物の1階ロビーでの30分コンサートである。
一度聴いてみたいと思っていたバイオリン奏者が出演するので、足を運んでみる。

6時開演と7時開演とがあるので、同じプログラムが演奏されるのかと思ったら、パンフレットを見ると演奏曲目が違う。
開演前の主催者の挨拶によると、入替え制ではなく、連続して聴いても良いらしい。

今回は、バイオリン2本とピアノ、という珍しい趣向である。

ピアノの序奏を聴いた瞬間に、これは充実したリハーサルが出来ているな、と感じる。

そして始まった2本のバイオリンが繰り出す音楽表現は、バイオリン1本の時とは比べ物にならないほど豊かである。

2本だと、1本の時ほどには、バイオリンの魅力は堪能出来ないかも、と思っていたのだが、音楽的に豊かなだけでなく、バイオリンならではの魅力もふんだんに伝わって来る。

素直に楽しめる音楽である。
この作曲家の大作にあるような、政治性も思想性も難解さもない。
ドリンク付きコンサートなので、つい飲んでしまったワインの酔い心地が一段の良い気分にさせてくれる。

演奏後の演奏者の解説によれば、これは友人による編曲らしいが、ロシア人が持つ素朴な心根が感じられて、おそらく作曲家本人の地の心情はこうだったに違いない、と確信できるものがあった。
それを知っていた友人が、それが素直に表れるように編曲したのだと感じられた。

こんな作風で一生を過ごせれば、作曲家個人としては幸せな人生だったかも知れないが、帝政ロシアの圧制が、マルクス・レーニン主義の圧制へと転化した特殊な環境下での作曲を強いられなかったら、音楽史に名を残す存在になれたであろうか、というようなことにも想いを馳せた。

これだけでも、2人のバイオリン奏者の非凡さを充分に感じたが、続くサラサーテで、更に、演奏技術の高さに唸(うな)らされた。

サラサーテであるから、随所に技巧が凝らされているのだが、そんな難所に差し掛かっても、2人のアンサンブルが狂わない。
難度が上がればテンポは揺れたり遅くなったりするリスクが上がるはずだが、両者のいずれからも、そんな感じがしない。

極めつけは、左手ピチカートの二重奏で、この演奏技巧を二重奏にすると、これほどの演奏効果が挙がるのか、と感じ入った。

もしこれが音楽ホールでのコンサートだったら、ここまで楽しめなかったであろう。
このようなサロン風な場所での演奏だったらこそ、の楽しみがあったように思う。
なるほど、こんな企画もありなんだなあ、と納得させられた。

こうした空間での、ベーゼンドルファーの落ち着いた響きは、音楽の底辺を支える音として、優れた響きを持っている。
これが無かったら、こんな感想を持つ経験が出来なかったかも知れない。

Hakuju 東日本大震災チャリティロビーコンサート
2017年7月10日(月)
橋森ゆう希、鍵富弦太郎、河野紘子
①18時
ショスタコーヴィチ 2つのヴァイオリンとピアノのための5つの小品
Ⅰ.プレリュード  「馬あぶ」op.97より
Ⅱ.ガヴォット   「人間喜劇」op.37より
Ⅲ.エレジー    「人間喜劇」op.37より
Ⅳ.ワルツ     「司祭と下男バルドの物語」op.36より
Ⅴ.ポルカ     「明るい川」op.39より
サラサーテ   ナヴァラ op.33
②19時
プロコフィエフ 2つのヴァイオリンのためのソナタ ハ長調 op.56より
Ⅰ.アンダンテ カンタービレ
Ⅱ.アレグロ
モシュコフスキ 2つのヴァイオリンとピアノのための組曲 op.71より
Ⅰ.アレグロ エネルジーコ
Ⅱ.アレグロ モデラート
Ⅳ.モルト ヴィヴァーチェ

« 2017年6月 | トップページ | 2017年8月 »