« タレイアカルテット @銀座 (2017/4/22) | トップページ | モンテヴェルディ「聖母マリアの夕べの祈り」 (2017/6/5) »

宮内庁楽部 雅楽演奏会 (2017/4/23)

まだ四月であるが、まさしく五月晴れ、と言いたくなるような好天の皇居である。

大手門から入場し、楽部は?と尋ねると、この先の坂を登るように言われる。
上の方に、休憩所以外に、何か建物があっただろうか。

一応、所々に、楽部→ みたいな案内はあるのだが、とにかく広いので、見当がつかない。

こちらかな、と行ってみると、物見櫓(やぐら)だったりしたが、ようやく到着。

荷物検査と身分証明を済ませて室内に入ってみると、雅楽の舞台がでんと構えていて、その脇の僅かにスペースに、パイプ椅子よりも更に小さな折りたたみ式の木の椅子がびっしりと並べられ、まだ開演には30分以上あるのに、既に大勢の人が座っている。
実は、雅楽ファンは大勢いる、ということなのか、それとも、単に、物珍しさであろうか。

開演15分前になると、まだ少年と呼んでも良さそうな二名の若者が琵琶を運んでくる。
続いて、同じ若者が、琴を運んでくる。

楽器には見えない白い陶器も運ばれてくる。

雅楽に詳しい同行者によると、これは火鉢で、笙(しょう)は、常に体温程度に暖め続けないと、音が出ないのだ、と言う。

天井を眺めてみても、空調装置らしきものは見えない。
だから、演奏会は、春と秋なのだろうか。

昨日、弦楽四重奏を聴いた銀座のバーも、昭和の遺物のようなビルの中にあったが、こちらも、相当に年季が入った建物なのかも知れない。

時間になると、舞台右奥から、冠位束帯姿の楽士たちが静々と入場し、一人また一人、と舞台に上がって行く。

先頭の楽士は、向かって右手の小さな太鼓。
最前列中央は大きな太鼓。
最前列左手は小さな鐘。
第二列は、右から、琵琶、琴、笛が、2名ずつ、それぞれ縦二列に並ぶ。
その後方に、左に篳篥(ひちりき)、右に笙が各3名。

英語のアナウンスでは、Orchestraと呼んでいたが、確かにそうかも知れない。

コンサートマスターは小さな太鼓らしく、彼だけが、深々と頭を下げる。

演奏は、まず、少数の楽器が鳴り始め、それから合奏になる。

演奏の骨格は、笙が和音を響かせている中に、篳篥が旋律を吹く、というもので、笛は、オーケストラならトロンボーンみたいな立場で、篳篥の旋律を支える場面が多い。

琵琶と琴は、合いの手にしか使われない。

鐘は、小さなフライパンみたいな形状で、常に太鼓の裏でしか鳴らない。

曲は、注意して聴けば、少しずつ変化しているのだが、聴き慣れない人には、同じパターンが、延々と繰り返されているようにしか聴こえないだろう。

笙の不思議な響きは、神仏に捧げる音楽であるところから来ているのであろうが、これは、聴く者の意識を遠のかせる効果がある。

二曲演奏されたが、終結は、琵琶と琴だけになる点は共通。

後半は舞楽である。

きらびやかな衣装をまとった人たちが登場したので、彼らが踊り手か、と見ていると、舞台の後の、言わばオーケストラピットに相当する場所に座ってしまう。

確かに楽士たちが着替える時間が要るから休憩を取るのだ、とアナウンスしていたが、驚くほどの変わり様である。

そこに、静々と、踊り手たちが入場してくる。
こちらは正装、つまり、冠位束帯なので、楽士たちより地味に見えたりする。

舞は、両手を広げた、衣服が良く見えるような姿勢が基本で、そこに動きを入れてゆく。

ゆっくりしていて、これも同じパターンを繰り返しているように見え、少し退屈したりするが、ふとした瞬間に、その姿が、はっと美しく見えたりする。

踊り手は、1曲舞い終わると、舞台から退出してしまう。

楽士たちも起立して会釈をして退出するが、残っている人たちもいる。

やがて、次の踊り手たちが入場してくる。

こちらは、全員、犬だろうか、それとも狐だろうか、という面をしている。

動きは、前の曲よりもずっと多い。

ふと気づくと、笙の音がしない。

ほとんど、篳篥と笛で音楽を作っている。

そして、前半の管弦では使われなかった、舞台両脇にそそり立つ太鼓が、時々、ドン、と打ち鳴らされる。
どうも右と左とで、少し音が違うようである。

後で同行者に聞くと、韓国渡来系の舞楽の場合は、笙は用いず、小さな太鼓も使わないのだとか。

それにしても、この椅子だと、だんだんお尻が痛くなってくる。

10時半開演で、12時終演。

張り出してあった時間割を見ると、3日間にわたり、午前と午後1回ずつの公演をしているようだった。

春季雅楽演奏会
2017年4月23日(日)10時半 宮内庁楽部
管弦
 壱越調音取(いちこつちょうのねとり)
 北庭楽   (ほくていらく)
 壱団嬌   (いっときょう)
舞楽
 桃李花   (とうりか)
 皇仁庭   (おうにんてい)

« タレイアカルテット @銀座 (2017/4/22) | トップページ | モンテヴェルディ「聖母マリアの夕べの祈り」 (2017/6/5) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« タレイアカルテット @銀座 (2017/4/22) | トップページ | モンテヴェルディ「聖母マリアの夕べの祈り」 (2017/6/5) »