« 2017年2月 | トップページ | 2017年4月 »

2017年3月

サラ・チャン with 新日フィル (2017/3/25)

めったに来ないオーチャードホール。

音響に乏しい先入観があったのだが、序曲が始まってみると、ちゃんと残響が聴こえる。

冒頭は、第一バイオリン内のアンサンブルが、ちょっと悪いかな、と感じたが、終盤のコーダ辺りから、ぴったりと合ってくる。

すると、音楽が胸に響いて来る。

ベートーベンが作曲しただけのことはあって、きちんと演奏すると、演奏効果が挙がる。

こうやって、序曲のうちにオーケストラのコンディションを整えてくるところを見ると、なかなかの指揮者なのかも知れない。

そして、大御所のバイオリン奏者の登場。

まず、何ともいえない美音に驚く。

こんなに柔らかで優しいバイオリンの音色を聴くのは初めてかもしれない。
高弦、すなわち、A線とE線については、うっとりするほど美しい。

また、細かい音が続くテクニカルな部分での、個々の音の粒立ちもきわ立っている。
おそらく、右手と左手との同期の精度が、他のバイオリン奏者よりも高いのであろう。
ここが、この演奏家の天分と言えるところなのかも知れない。

最初の独奏が終わり、管弦楽になると、これがまた素晴らしい。
目の前で、森の木々が、風にあおられて傾いたかのように、空間がねじれるのが感じられる。
やはり、この指揮者、ただものではあるまい。

第二楽章は、夜の森の静寂を、音にしたものであることが感じられる。
バイオリンの響きは、無音の自然世界における、人間の内面のイマジネーションを語っているかのようだ。

第三楽章では、独奏が終わって管弦楽が鳴っている中で、独奏者が、何度も何度も、左手の指の動きとビブラートのパターンを繰り返し確認している。

なるほど、この奏者は、このような、片手だけの練習を取り入れて、充分練れてから、右手と合わせているのかも知れない。
努力の仕方を知っているからこそ、天才なのであろう。

休憩を挟んでの後半は、リストの交響詩2曲。

変わったプログラム構成だが、シベリウスの濃厚な演奏の後には、なかなか心地良い。

1曲目も、知らない曲のつもりで聴いていたが、チャイコフスキーの「悲愴」の第二主題が登場する時と同じ和音だな、などと考えていると、続いて登場するのは、お馴染みラ・プレリュードの旋律である。

あれあれ、どうしてここまで気づかなかったのだろう、と思ったが、全曲を実演で通しで聴くのが、これが初めてなのだからかも知れない。

曲想は自由に次々に変化してゆくが、それでいて、ハイドンを聴いている時と似た味わいがある。
音楽に、ある一線を決して越えない端正さがあるのだ。
これが、後期ロマン派を知る現代の聴衆に、ある種の物足りなさを感じさせるのかも知れないが、この作曲家が、かつてピアノ奏者として、多くの婦人たちを失神させていたのも事実であろうし、非凡な即興演奏ができたから、交響詩という新分野を拓けたのであろうから、彼のピアノ即興は、意外に、このような端正さがあったのかも知れない。

失神というと、どうしても、プレスリーやビートルズに熱狂する女性たちの像が重なってくるが、当時のヨーロッパの婦人たちがプレスリーやビートルズを聴いて失神するとは思えないから、当時は、これが革新的で、心をかきむしる熱狂を呼ぶ力を持っていた、と考えるのが、適切な気がした。

2曲目は、確かに知らない曲であるが、それでいて、後年のワーグナーにつながる管弦楽法を感じる。

こうやって聴いてくると、リストとは、ロマン派以降の音楽に必要な要素を予見し、それらを、数々の引き出しとして
集大成し、後年の作曲家たちのための遺産として残していった人物であったように感じられてきた。

最後の一振りで、指揮棒が客席に飛んで行ったのは、指揮者が演奏に没頭していたことの証しであろう。

2017年3月25日(土) 14時 Bunkamura オーチャードホール
アッシャー・フィッシュ指揮 新日本フィルハーモニー交響楽団
ベートーヴェン バレエ音楽『プロメテウスの創造物』 op.43 序曲
シベリウス    ヴァイオリン協奏曲 ニ短調 op.47(独奏 サラ・チャン)
リスト       交響詩『前奏曲(レ・プレリュード)』 S97
リスト       交響詩『マゼッパ』 S100

修士リサイタル@藝大 (2017/3/14)

音大の大学院生による無料コンサート。

「修士リサイタル」と題されているが、客席の最後列は「教職員席」となっており、演奏後は、先生とおぼしき人たちが集まって、難しい顔で話をしているので、きっと試験も兼ねているのであろう。

客席は階段状になっていて、舞台はなく、床にピアノが置かれている。

まずは、バイオリン奏者によるバッハ無伴奏。

無伴奏で弾いて貰えると、ホールの音響特性が良く判る。

一見すると、角材が露出していたりして、視覚的には無骨な印象もあるホールだが、ほぼ全面木張りであるだけのことはあり、トッパンホールの響きをさらに柔らかくしたような、人を優しく包み込む響きで、無伴奏の演奏が聴き易い。

ソナタ3番の1曲目は、なかなか音楽になり難いこの曲を音楽的に演奏している。
そして、バッハの深みも備えている。
完成度の高いバッハ演奏だと思う。

次のフーガは、おそらく、無伴奏の中の最難曲であろう。

この曲を聴いていると、「アルプス交響曲」以上に、演奏者の前に立ちはだかる巨峰を登っている気分になる。

次々と難所が襲ってくるので、1曲目を、あれほどの完成度で弾いた奏者も、次第に、一杯一杯な感じになって来る。

しかし、こうした演奏の方が、この曲の難度の高さが感じられて、音楽に対する理解が深まる。

このアルプス登山の後に、まだ2曲残っている、というのは、あんまりな構成である。

3曲目は、シンプルであるがゆえに、正確さが求められるし、終曲には切れ味が求められる。

トライアスロンともまた違い、登山競技の次は、茶の湯審査で、その次は知能テスト、みたいな配列である。

これを弾き切った上でバイオリンソナタ、というところはトライアスロン風であるが、ここはスポーツ競技ではなく、芸術表現の場である。

やはり、第一楽章では、前曲での消耗が感じられる。

この演奏家の持ち味が最も出ていたのは第三楽章だったろう。
これを聴いて、なるほど、こういう音楽性の持ち主なのか、という感じがした。

なんだか、久しぶりに、バイオリンを、堪能して聴いた気分になった。

後半は、ビオラ奏者が登場。

前半と、風景が一変してしまうところが面白い。

楽器が気持ち良さそう歌っている。

音楽は、何よりも、まず快楽であることを思い出させてくれる演奏である。

ビオラであるから、テクニックを誇示するような場面はないのだが、音色と強弱の使い分けが巧みで、聴いていて楽しい。

全く知らない曲を、聴衆に楽しく聴かせる技術というのは、ことによると、演奏家にとって、一番大事な技術かも知れず、この演奏家は、それを持っているのかも知れない。

2曲目は、プロコフィエフ。

聴き慣れた「ロミオとジュリエット」のはずが、冒頭のメロディーが、まるで物語を語り始めているような口調に聴こえる。

奏者の心の中に物語がなかったら、こんな風に聴こえる演奏にはならないだろうが、シェイクスピアの台本を読めば、こういう演奏ができるとも思えない。

原作に対する作曲家のまなざしを感じているのだろうか。

聴き慣れた旋律なのに、今まで、こんな感じを受けたことはなかった。

だが、これが、この旋律に対する正解であるように思われた。

修士リサイタル
2017年3月14日(火)19時 東京藝術大学 第6ホール

葉石真衣(バイオリン) 日下知奈(ピアノ)
バッハ  無伴奏ヴァイオリンのためのソナタ 第3番 ハ長調 BWV1005
グリーグ ヴァイオリンとピアノのためのソナタ 第2番 ト長調 作品13

渡部咲耶(ビオラ) 秋元孝介(ピアノ)
マレ        5つの古いフランス舞曲
プロコフィエフ バレエ「ロメオとジュリエット」より

マーラー9番 by ワグネル (2017/3/10)

JRへの乗換駅で、きょうはやけにJR側から人が来るな、と思ったら、運行停止中であせったが、何とか間に合うことができた。

2曲目の冒頭のトランペットソロに、聴き覚えはあるが何だったかな、と思っていると、バイオリンが、1つ目の主題を演奏する。

その無限の宇宙空間に広がってゆくような響きは、まさしくワーグナーである。
きょうはワーグナーが聴けたな、という実感を持ったのは、数年前にティーレマンを聴いて以来である。

休憩を挟んで、マーラー。

しっかりとは演奏はされているのだが、マーラーらしい曲想に聴こえてこない。

6番であれほど素晴らしい演奏をした学生たちも、9番はハードルが高かったのかな、とうつらうつらしていると、心に染み入るようなバイオリンソロが聴こえてきて、ハッと目が覚める。

その美しいビブラートで覚醒したかのように、第二楽章からは、これぞマーラーという演奏になる。

バイオリンの野卑な響きも効いているし、第三楽章の破れかぶれな感じも良く出ている。

そして、最終楽章の、生命が次第に消えて行く流れも非のつけどころがない。

これまで実演で聴いた9番の中では、最高の演奏である。

個々の演奏もさることながら、聴いていてスコア全体がくっきり見えるように感じた箇所がいくつもあり、これは音のバランスが適切である、ということなのだろう。

このホールは、音響はそれほど良くないはずだが、そのことを全く感じなかった。

この辺は、ステージリハーサルでしか修正できないはずだが、ことによると、指揮者が、このホールの響きを良く知っていて、練習で、そのイメージのバランスを作り込んだのかも知れない。

特に、今回を最後にオーケストラを去る卒業生たちにとっては、有終の美を飾るにふさわしい演奏になった。

慶應義塾ワグネル・ソサイエティ・オーケストラ 第220回定期演奏会
2017年3月10日(金) 19時 横浜みなとみらいホール
指揮 大河内雅彦
シューベルト  「ロザムンデ」序曲
ワーグナー    「リエンツィ」序曲
マーラー      交響曲第9番 ニ長調

パクキュヒ in サントリー美術館 (2017/2/25)

コンサートのチケットを買うと、当たり前のように美術展示も見せてくれる美術館コンサートである。

それは良いのだが、サントリーと言っても、こちらは美術館なので、果たしてホールの音響は、ギターを楽しめる程度にはあるだろうか。

ホールに入ってみると、外の風景が見えるガラス張り。
演奏者は、総ガラスを背にして演奏する。

天井は、装飾はしてあるが、スタジオ仕様。

演奏が始まってみると、やはり、ほとんど残響なし。

もともと音量のないギターで演奏するには、やや厳しい音響かな、と思いながら聴いていたが、「アルハンブラの思い出」が始まると、その感覚が消える。
心の中に反響するので、素晴らしい音響のホールで聴いている感覚になる。

「禁じられた遊び」のテーマは、初めて生で聴いたが、シンプルなこのギターの名曲は、幼い二人を描くには確かにぴったりである。

武満徹編曲の「イエスタデイ」は、この演奏家の演奏で是非聴いてみたいと思っていた曲。
様々な思い出が走馬灯のように蘇ってくるのは、武満の音のマジックと演奏者の共感とのなせる業であろう。

久々に自分の聴覚の不思議を体験できた。
これを経験させてくれる演奏家は、ある意味、人生のパートナーのような存在である。

朴葵姫ギターリサイタル in サントリー美術館
2017年2月25日(土)14時 サントリー美術館6階ホール
ソル      魔笛の主題による変奏曲
アルベニス  「スペイン組曲 作品47」より 第5曲「アストゥリアス」
         「スペイン 作品165」より   第5曲「カタルーニャ奇想曲」
         「スペイン組曲 作品47」より 第3曲「セビリヤ」
タレガ      「アルハンブラの思い出」
スペイン民謡 愛のロマンス
レノン・マッカートニー Yesterday (武満徹編曲)
菅野よう子  花は咲く
ヴィラ=ロボス ショーロス第1番
ディアンス   タンゴ・アン・スカイ

« 2017年2月 | トップページ | 2017年4月 »